伊川谷整体治療院
MENU

あなたの骨盤、歪んでいませんか?

あなたの骨盤、歪んでいませんか?

電話番号住所

あなたの骨盤、歪んでいませんか?

こんにちは、神戸市西区の伊川谷整体院です

 

いきなりですが、あなたは骨盤の歪み、大丈夫ですか?

 

『骨盤の歪み』、誰もが一度は聞いたことがあると思います

骨盤が歪むとは?なぜ、歪むのか?

また、骨盤が歪むことで引き起こされる、身体への症状などを

お伝えさせていただきます

 

骨盤が歪むとは、どういうことか

 

まず、骨盤が歪むとはどういうことなのでしょうか

骨盤には、正しい位置があります

正しい位置に骨盤がないことで、身体に不具合が生じます

骨盤は、「仙骨」「尾骨」を中央にそれを挟み込むように左右に一対の「寛骨」からなり

3つの関節で形成されています

骨盤は、身体の要の部分であり、上半身と下半身をつなぐ部分になります

また、骨盤は男性と女性では形状が異なります

女性は、赤ちゃんをお腹の中で育てられるように

骨盤は横幅に広く柔軟性に作られています

その為、骨盤の歪みも起こりやすいと言われています

ですので、男性よりも女性の方が骨盤は歪みやすいと言えます

 

骨盤が歪むことによって起こりうる症状は

 

それでは、骨盤が歪むことによって身体には

どんな症状があらわれるのでしょうか

 

①冷えや便秘

②腰痛や肩こり

③ひどい生理痛

④ぽっこりお腹

⑤代謝が悪くなることによって太りやすく痩せにくい

⑥むくみ

⑦心の不調

などがあります

 

あなたはどのタイプ?

 

骨盤の歪みには様々なタイプがあります

 

1.骨盤開きタイプ

  産後の方に多く見られるのが、骨盤が開いているタイプです

  出産時に赤ちゃんが通りやすくするために開いた骨盤が

  ホルモンバランスにより元の位置に戻りにくいのが原因とされています

  また、運動不足や加齢などで筋力の低下により骨盤を支えられず開くこともあります

 

2.骨盤傾きタイプ

  骨盤を正面から見た時、左右の骨盤の高さが違う状態のタイプです

  骨盤の歪みがない人と比べた時に腰痛になりやすいです

  腰やお尻の筋肉に左右差があると、骨盤のバランスが崩れ歪みが出やすいです

 

3.骨盤ねじれタイプ

  身体の片側だけに力が加わるような姿勢や動作が習慣になっている方に多く見られます

  ねじれた骨盤が、筋肉や内臓を引っ張ることで、腰痛や頭痛の原因になることもあります

 

4.骨盤前傾・後傾タイプ

  前傾とは、骨盤が前に傾いているということです

  胸とお尻が突き出た姿勢になりやすく、腰の反りがきつくなるにつれて

  腰に負担がかかりやすく、腰の痛みに繋がることもあります

  女性で、ハイヒールを普段から履かれている方は、前重心になり骨盤が前傾になります

 

  後傾とは、骨盤が後ろに傾いていることを指します

  背中が曲がり頭を前に突き出す姿勢になります

  肩こりや膝への負担が症状として出やすくなります

 

歪みの原因は何

 

骨盤が歪む原因は、普段の癖や習慣が関係しています

骨盤の歪みが気になる方は、ぜひ確認してみてください

 

①椅子に座ると、足を組むことが多い

②床に座るときは、横座りをしてしまう

③産後や運動不足により骨盤周りの筋力が低下している

④ハイヒールを履いていることが多い

⑤うつ伏せで寝ることが多い

⑥カバンなど重いものを片側で持つことが多い

⑦左右どちらかに体重をかけて立つことが多い

 

いかがでしたか?

ほとんどの方が、思い当たる節があったと思います

 

普段の癖や習慣を取り除くことは、容易なことではありません

①~⑦に当てはまった方は、「絶対にしてはいけない」ではなく

「気づいたら直す」という癖をつけると

少し心にも余裕が出来るのではないでしょうか

 

骨盤の歪みチェック

 

骨盤の歪み方は、人それぞれです

簡単な骨盤の歪みチェック法を、ご紹介します

 

1.つまさきの開いた角度をみてみましょう

  ①足を伸ばして、仰向けで横になり肩幅ぐらいに足を開きます

 

  ②リラックスした状態で、軽く足を左右に揺らしてみましょう

 

  ③動きを止めます

 

  あなたのつま先は、どこを向いていますか?

  足からつま先が80~90°であれば、骨盤は正常な位置にあり

  歪みはほとんどないと言えます

  左右のつま先の開き具合が違ったり、開きすぎたりしている方は

  骨盤が歪んでいる可能性があります

 

2.片脚立ちをしてキープ

  ①左右の脚で、目を閉じて片脚立ちで10秒キープしてみましょう

 

  キープ出来ましたか?

  左右どちらかが10秒キープ出来なければ

  骨盤が歪んでいる可能性があります

 

3.その場で、足踏みをしてみましょう

  ①直立で、目を閉じて足踏みを50回程してみましょう

  ②足踏みを終えて目を開けてください

  ③最初に立っていた位置から移動した位置をチェックしてみましょう

 

  最初に立っていた位置にいますか?

  左右どちらかに移動していた場合、移動した側の骨盤が下がっている可能性があります

  前や後ろに移動していた場合、重心が前か後ろに下がっている状態かもしれません

 

4.左右の肩の高さを見ます

  ①鏡の前に立ち、背筋を伸ばします

  ②左右の肩の高さを見てみましょう

 

  左右の肩の高さを見て高さが違う場合は

  骨盤が歪んでいる可能性があります

 

最後に

 

誰もがある、日常の中での癖や習慣ですが

その身体の使い方が必ずしも正しいとは限りません

特に、癖や習慣になってしまっている身体の使い方は

本人は無意識なことが多いです

まずは、自分自身の癖や習慣を見つめ直してみませんか?

今、あなたが悩んでいるお身体の症状は

骨盤の歪みからきているものかも知れません

気になる方は、ご自宅で簡単にチェックをしてみてくださいね

骨盤の歪みを治したい、歪みにくい身体を作りたい方は

当院までご相談ください

その時は、一緒に症状改善に取り組みましょう

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア
ご予約・お問い合わせはこちら

電話バナー

WEB予約バナー

  • 完全予約制

  • 定休日火曜・祝日
  • 第二日曜のみ休み
営業時間
9:30~20:00