伊川谷整体治療院
MENU

お水を飲むと健康に良い理由

お水を飲むと健康に良い理由

電話番号住所

お水を飲むと健康に良い理由

こんにちは、神戸市西区の伊川谷整体院の岩崎です。

今回は、知っているようであまり詳しくは知らない方も多い「水分補給(摂取)の大切さ」についてお話しさせていただきますね。

初めて当ページを見てくださっている方にも必見ですので、是非最後までご一読くださいませ。


しっかりとした水分補給が大切です

当院に通院されている患者さまは、常に担当の先生に「お水飲んでくださいね」と言われていると思います。

それは何故だと思いますか?

水分補給することにより
血流改善、栄養素の運搬促進、身体に溜まった疲労物質・老廃物の回収機能の促進などの効果が高まります。

整体を受けた後にコップ1杯のお水を飲むことは、施術効果を向上させることに繋がります。

但し、私共がお伝えしている水分補給に関しては、施術後の事だけではありません。


健康に過ごす為には、水分補給は必要不可欠


人間の身体に含まれる水分量は、80~50%で、年齢と共に徐々に減っていきます。

成人男性の場合、水分量は約60%で、体重70kgの人の場合、1日の水分摂取量と排出量は、約2.5リットルだと言われています。

水分の摂取量と排出量を一定に調節することは、生命を維持する為に大変重要なことです。

水分は、食事、飲み物及び代謝水(体内でつくられる水)によって摂取され、尿・便・汗・呼気等から排出されます。

《摂取量》
食事から、約1リットル
体内でつくられる水が、約0.3リットル
飲み水から、約1.2リットル
合わせて、約2.5リットル

《排出量》
尿・便から排出量が、約1.6リットル
呼気や皮膚からの蒸発分が、約0.9リットル
合わせて、約2.5リットル

体内から水分が20%失われると、人間は死に至ることもあると言われています。

(参考資料、厚生労働省HP)

 

水分は身体の中で様々な役割を果たしています

 



●血液の90%は水分でできている。

血液は、酸素や栄養素を全身に届け、老廃物を回収し、体液の濃度や浸透圧を維持します。
血液は大変重要な役割を持っています。


●汗をかくことで、体温機能を正常に働かせる

人は暑い時には、汗を蒸発させることにより、体温を正常に保っています。


~体内の水分量が減るとどうなる?~

体内の水分量が減ると

●便秘、むくみ、代謝不良の原因になる。

●血液の巡りが悪くなる。

血液循環が悪くなると、頭痛や吐き気、肩こり・腰痛、冷えなどの原因になります。

ひどい場合には、血液濃度がドロドロになり、血管内に血栓ができ、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる重大な病気につながる恐れもあります。

●汗をかかなくなる

汗をかかなくなると、体温機能が低下します。

夏場に多い熱中症も水分補給量が、大きく関わっていますよね。

水分量が減ると汗をかかなくなり、体温機能がうまく働かなくなり、体温が上昇します。
血液循環機能も低下します。

それにより、頭痛やめまい、倦怠感、痙攣、意識障害が起こり、最悪の場合、命に関わる事態が起こります。


 

水分補給って、飲み物ならなんでもいいの?

 



お水を飲んでください。
お水は、水道水、浄水、ミネラルウォーター、電解水などです。
オススメは、白湯(人肌くらいの熱さ)です。

なにか味がないと飲みにくい場合は、
ノンカフェインのお茶類
麦茶、ルイボスティー、黒豆茶、タンポポ茶など。


「水分は摂れてますか?」とお聞きして、
「飲んでます!」
とお返事される方は多いです。

「何をよく飲んでいますか?」とさらにお聞きすると、
「コーヒー」「お茶」「紅茶」「ウーロン茶」「清涼飲料水」「炭酸飲料水」などのお声が多いです。

中には、
「ビール」「チューハイ」といったアルコールをよく飲んでいる。なんていう回答もあったりします。

まず、アルコール類は、液体ではありますが、水分補給として摂取する飲料としては、完全に除外します。
アルコールは、水分を奪う飲み物だと思ってください。

では、コーヒーやお茶類はどうでしょう?

全く水分を摂れないわけではないのですが、コーヒーやお茶類は「カフェイン」が多く含まれており、利尿作用が高いと言われているので、水分補給としては不向きです。

嗜好品として飲まれる分にはいいのですが、それとは別にお水を飲んでください。

清涼飲料水や炭酸飲料水は、糖分が多く含まれているので、多く摂取するのは健康に善くないです。

じゃあ、水分補給といったら、やっぱり「スポーツドリンク」でしょ?! 
と思われる方も多いかもしれませんね。

スポーツドリンクは、スポーツなどで急激に汗をかいた場合には、ただの水を飲むより、汗をかいて失われた栄養素が素早く吸収されるよう配合されていますので、スポーツの時にはしっかり飲んでください。
ですが、穏やかに普通に日常を過ごしているだけの場合には、塩分や糖分を摂りすぎてしまうので、お勧めしません。


あなたに1日に必要な水分摂取量は?

 


当院で、推奨しているお水の摂取量の計算方

水分摂取必要量=体重×30ml 

体重70kgの場合
70×30=2,100ml

ただしこれは、あくまでも1日に必要な水分量です。

最初に記述したように、食事からや体内でつくられる水分も合わせて計算すると、飲み物から摂取する必要量は、70kg成人男性で、約1.2リットルですので、それを参考にしてください。

※貧血症など、水分を多く摂取するには注意が必要な病気や症状をお持ちの方は、医師にご相談の上、安全に水分補給をしてください。


それでもそんなにお水は飲めない方へ



それでもお水は飲めない、、、

そう思われる方も多いようですね。

一気に1リットル以上飲むと思うと苦痛ですよね?
ですが、1日に必要な水分量を摂取したほうがいい。という事で、一気に飲むのではなく、1日の中で、少しずつ摂取していただくことが大事だと思ってくださいね。

それでも「うーん」と思われる方は、

「朝起きてすぐにコップ1杯」
「夜寝る前、または、入浴後にコップ1杯」

を飲むようにしてみてください。

自律神経を整えたい方には、白湯がオススメです。

あとは、お食事の前後どちらでもいいので、プラス1杯。

それだけで、少なくとも約600ml前後、摂取できることになりますよね。

 

最後に

 

お水は私たち人間の身体にとって、必要不可欠で重要なものです。
健康維持の為には、水分補給を日頃から意識して心掛けるようにしたいですね。

私も整体を通じて、あなた様の健康維持のお手伝いをしていけると幸いです。

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア
ご予約・お問い合わせはこちら

電話バナー

WEB予約バナー

  • 完全予約制

  • 定休日火曜・祝日
営業時間
9:30~20:00