伊川谷整体治療院
MENU

ゴルフをする方必見 起こりやすい怪我と対処法

ゴルフをする方必見 起こりやすい怪我と対処法

電話番号住所

ゴルフをする方必見 起こりやすい怪我と対処法

こんにちは、院長の坂田です

「ゴルフに行った後腰が痛くて、、、」

「手首や肘が痛い、、」

と当院にも来られる患者さんでゴルフをされる方が多いのですが、このような事が多く見られます

 

そこで、今回はゴルフが関連して起こる痛みやその予防トレーニングやストレッチに

ついて書きたいと思います

 

ゴルフというスポーツは老若男女が無理なく楽しめる比較的に安全なスポーツではありますが、油断はできません

長時間平坦ではないコースを歩いたり、スイングの回数が増えると特定の筋肉に負担がかかるので知らず知らずのうちに筋肉の疲労がたまり体を痛めてしまうことがあるのです

 

ゴルフで起こる怪我はどんなもの?

1、腰痛や背中の痛み、首の痛み

ゴルフをされている方は腰痛や背中の痛み、首の痛みに悩まされている方は多いのではないでしょうか?

ゴルフのスイング姿勢は前傾姿勢でなおかつ頭を固定して身体を回転させるので首から腰にかけての筋肉や関節に大きな負担がかかります

はじめは軽い腰痛や背中や首の痛みですが、ケアせずにゴルフを続けていくと

ぎっくり腰や寝違え、ぎっくり背中のような鋭い痛みの症状がふとした時に出てしまう恐れがあります。

また、長年無理を続けているとヘルニアなど関節に影響が出てしまう症状に移行してしまうこともあるので注意が必要です

 

2、肩の痛み

ゴルフのスイングの中で使うのは腰だけではなく肩の筋肉や関節も使用します

ゴルフスイングの中で肩を大きく動かすので腰や背中、首と同じくらい肩の負担は大きくなります

ドライバーやアイアンで飛距離を出そうと思って思い切りスイングする時、どうしても肩に力が入ってしまうのでその時に肩板という場所を痛めたり、ご高齢の方は無理なスイングがきっかけで五十肩にもつながる恐れがあります

 

3、手首や肘の周辺

ゴルフスイングをした時の衝撃は最終的には手首にかかりますので、クラブを強く握りすぎた状態でダフってしまったりすると、手首を痛めてしまうことがあります

手首を痛めてしまうと痛いだけでなくうまくインパクトができなくなるので、フォームの乱れにつながり、他の場所に負担がかかりやすくなります

プロゴルファーの方でも手首を痛めてしまい、調子が振るわないなどといったこともありますので、注意が必要です

肘も注意が必要で肘の内側を痛めてしまって、指や手首が曲げにくくなってしまう状態「ゴルフエルボー」になることもありますので肘にも注意が必要です

 

4、肋骨疲労骨折

ゴルフで骨折するの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴルフスイングで肋骨が骨折する恐れがあります

このゴルフスイングでの疲労骨折は、熱心なゴルファーの方が起こりやすいと言えます

同じスイングを毎日かなりのスイング数をされている方は、繰り返し身体を回転させるために肋骨にヒビが入るケースがあります

病院でレントゲンを撮ってもわからない事も多く、長期間痛みが続きます

あまりに脇腹や背中が痛い場合は肋骨の疲労骨折を疑ってみる必要があります

 

 

どのように対処すればいいの?

 

1、いきなりスイングするのではなく準備運動が大切です

腰や背中、首、肩を痛めないようにゴルフを楽しむためには準備運動を忘れずに行うようにしましょう。

ゴルフのスタートは早朝から始められる事が多いと思いますので体を軽い運動やストレッチなどで温めてからゴルフに臨まれるとケガの可能性も少なくなりますし、スコア向上にもつながります

 

2、日頃からストレッチや運動を行う

ゴルフのスイングの動きは主に体の回転やひねりを伴うものですので、筋肉が柔らかくてなおかつ強い方が良いスイングができると言えます

筋肉が硬い状態ですとスイングの幅も狭くなり、筋肉や関節に負荷がかかりやすくなるため、日頃からストレッチや運動を行い、筋肉を使いやすい状態を作る事が大切です

毎日少しずつの時間で良いので、ストレッチや運動を行なっていく事がゴルフのスコアやけが予防につながります

 

 

実際にストレッチや運動をご紹介します

 

まずは背骨の柔軟性を確かめてみましょう

 

ゴルフスイングは主に回旋運動を伴いますので、背骨が回旋できる可動域が広がるとスイングの幅につながります

 

背骨の回旋可動域の確認方法

 

椅子に座った状態でクラブを首の後ろで持ちます(長い棒であればOKです)

両ひざをくっつけたまま左右に回旋していきます

45度以上回旋できていれば背骨の柔軟性が問題ないですが45度以下の場合は背骨の回旋方向の柔軟性が不足していると言えます

ここで注意して欲しいポイントですが、背筋が曲がらないようにする事と、合わせた両ひざが離れないようにしましょう

 

 

背骨の回旋の動きを改善するストレッチ方法

 

手順1、横向きに寝て、上になった足の股関節を90度に曲げます

股関節が開かないように手で足を抑えながら、上になっている方の手を回して胸を開くようにします

呼吸を止めずに10回行いましょう

 

 

ブログでは一部をご紹介させていただきましたが、細かな内容や手順を動画でも

ご紹介しておりますので参考にしてみてくださいね

 

 

ゴルフ上達のためのストレッチ 背中編

 

ゴルフ上達のためのストレッチ 足編

 

 

 

いかがだったでしょうか?

ストレッチやセルフケアを行なっても体の状態が良くならない場合は一度当院へ

ご相談くださいね。

関節の動きを改善し、バランスを整えることでスイングしやすくなったり体に

不快感がなくなったりします。

来院された際はあなたのお身体をよくするサポートをさせていただきます

 

 

  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア
ご予約・お問い合わせはこちら

電話バナー

WEB予約バナー

  • 完全予約制

  • 定休日火曜・祝日
  • 第二日曜のみ休み
営業時間
9:30~20:00